こんな風にひどく蒸し暑い話

一人飯のおかずになるブログ「こんな風にひどく蒸し暑い話」を毎日更新。2週間で10万PVを突破したかった。「ミスチルを聴けば大体の病は治る」「どうせ死ぬならとち狂え」が持論。友達が少ない。ドM界の貴公子というドブみたいな自己PRで人材系会社に営業として就職後、転職サイトの運営会社へ。全日本ノーフレンド協会理事長。

第1回Mr.Childrenヤバい歌詞選手権・決勝進出フレーズ発表

まいど、ミスチル屋です。

 

f:id:murakenekarum:20180712000331p:plain

 

 

www.murakenblog.com

 

www.murakenblog.com

 

www.murakenblog.com

 

www.murakenblog.com

 

 

【前回のあらすじ】

ミスチルワールドカップの最終予選に参加した77の冒頭フレーズの中から見事に予選を勝ち抜いた32フレーズが決まったので8つのグループに分けて各グループの上位2フレーズをノックアウトステージに引き上げたよ。そして早くも1回戦が終わりベスト8が決まったよ。さらに2回戦も終わってベスト4が決まったよ。

 

 

 

ということで、今回はベスト4同士の激突です。77フレーズから始まった戦いも、残り2フレーズに…まずはベスト4フレーズをおさらい!

 

<決勝トーナメント通過フレーズ(冒頭編)ベスト4/赤太字>

※()内は曲名。区切りは基本1~2フレーズ。

  

★新しい靴を履いた日はそれだけで世界が違って見えた(足音~Be Strong)

VS

★隣の人に気づかれぬように僕らだけの言葉で話そう(fantasy)

 

 

★評論家の指摘なんか気になんないくらいインパクトこそないけど良い映画だったなぁ(終末のコンフィデンスソング) 

VS

★優しさの死に化粧で笑ってるように見せてる(himawari)

 

 

f:id:murakenekarum:20180728233833p:plain

 

 

今回はこの4フレーズの中からついに決勝に進出する2フレーズが決定!!

最初の勝者は…

 

 

 

<決勝トーナメント・決勝進出フレーズ(冒頭編)/赤太字>

※()内は曲名。区切りは基本1~2フレーズ。

 

 

■左側のブロック

 

★新しい靴を履いた日はそれだけで世界が違って見えた(足音~Be Strong)

VS

★隣の人に気づかれぬように僕らだけの言葉で話そう(fantasy)

 

 

 

おぁあーーっと!ついに新生Mr.Childrenの新たなる終わりなき旅を演出した「足音~Be Strong」が敗退!!解説のミスターチル奴隷も発売時547回は聴いたという名曲!なぜなんだあああああああああああああああああ!!!!!

 

ぼく「解説のミスターチル奴隷さん、勝因は何だったのでしょうか?」

 

ミスターチル奴隷「好みです。

 

ぼく「はい?」

 

ミスターチル奴隷「好みです。」 

 

ぼく「は?いや、だから勝因を…」

 

ミスターチル奴隷「好みです。」 

 

ぼく「お前絶対面倒なだけだろ。」 

 

ミスターチル奴隷「強いて言えば」 

 

ぼく「ん?」

 

ミスターチル奴隷「過去の話よりも、未来の話の方が、続きが気になるって感じかなぁ…」

 

ぼく「……(何かムカつく)」

 

 

 

 

■右側のブロック

 

★評論家の指摘なんか気になんないくらいインパクトこそないけど良い映画だったなぁ(終末のコンフィデンスソング) 

VS

★優しさの死に化粧で笑ってるように見せてる(himawari)

 

 

  

おぁあーーっと!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

おぁあーーっと!!!!!!!!!!!(割と衝撃)

 

 

 

 

ぼく「チル奴隷、どうしてなの?」

 

ミスターチル奴隷「そうですね。まぁ正直himawariはめっちゃいい曲でありめっちゃいいフレーズを兼ね備えているんですけどね。」

 

ぼく「ええ。」

 

ミスターチル奴隷「個人的に、この曲は少し不運だったと感じているんです。」

 

ぼく「は?じゃなくて…どういうことでしょう?」

 

ミスターチル奴隷「人気映画とのタイアップです。"君の膵臓をたべたい"という映画の主題歌として制作されたこの曲ですが、桜井さん自身もコメントしていたとおり、"物語の中にある苦しい程の美しさ、強さ、優しさ、残酷さを包み込みながらも、更に拡がりを持って押し出していける、そんな音を探してやっと辿り着いた曲"であることは間違いありません。だからこそ、himawariはこの原作がなければ生まれていなかったのです。」 

 

ぼく「ふーん。それで何で不運なの?頭おかしいの?」

 

ミスターチル奴隷「この物語との結びつきが強すぎることです。」

 

ぼく「ほう。」

 

ミスターチル奴隷「himawariは、物語によって紡ぎ出された名曲です。だからこそ、"君の膵臓をたべたい"という作品と切っても切れない関係なのです。故に、冒頭フレーズはこれまでその作品との結びつきの強さもプラスになっていたと言えるでしょう。しかし、ベスト4以降の戦いは、シンプルにフレーズ同士のぶつかり合いです。もしあの映画がなければ、この曲は生まれていなかった。あるいは、生まれていたかもしれませんが、別の形になっていたと思います。」

 

ぼく「もう少しわかりやすく説明して~」

 

ミスターチル奴隷「つまり…himawariはアルゼンチンなんですよ。」

 

ぼく「アルゼンチン?頭おかしいの?」

 

ミスターチル奴隷「アルゼンチンと言えばメッシ選手ですよね。神の子の。チームの中で絶対的な存在であるメッシ選手ですが、絶対的な影響力を持つからこそ、そこに縛られているアルゼンチンがいるのです。」

 

ぼく「それとこれとは違う話だと思うけど…」

 

ミスターチル奴隷「要は、himawariを最強の名曲にしたのは紛れもなく"君の膵臓をたべたい"なのですが、それ故に、原作に縛られているhimawariもいるのです。」 

 

ぼく「そうかなぁ。」

 

ミスターチル奴隷「誤解しないでほしいのですが、himawariはやはり名曲だと思います。ただ、最終的にはこの企画との相性と、相手が悪かったというだけなのです。」

 

ぼく「はーい。」

 

 

 

 

 

★決勝進出フレーズ

 

 

★隣の人に気づかれぬように僕らだけの言葉で話そう(fantasy)

 

★評論家の指摘なんか気になんないくらいインパクトこそないけど良い映画だったなぁ(終末のコンフィデンスソング) 

 

 

f:id:murakenekarum:20180812233831p:plain

 

 

次回はいよいよ決勝戦!3位決定戦もやります!!