こんな風にひどく蒸し暑い話

一人飯のおかずになるブログ「こんな風にひどく蒸し暑い話」を毎日更新。2週間で10万PVを突破したかった。「ミスチルを聴けば大体の病は治る」「どうせ死ぬならとち狂え」が持論。友達が少ない。ドM界の貴公子というドブみたいな自己PRで人材系会社に営業として就職後、転職サイトの運営会社へ。全日本ノーフレンド協会理事長。

ワールドカップの決勝で観客の見張りする人たちの動機気になりすぎるよ

ワールドカップ終わりましたね。

 

リアルタイムで試合を見ていたのですが、ある集団が気になりました。

 

f:id:murakenekarum:20180717235903j:plain

 

そうそう、この人達です。

 

 

 

動機が全然わからないのですが、特に気になったポイントを挙げますね。

 

 

①なぜこの仕事を選んだのか。

これはもう職業病みたいなものなのですが、なぜ数ある仕事の中からこの仕事を選んだのでしょうか。そしてこの先のキャリアについてどう考えているのでしょうか。そもそも雇用形態は何なんだ。正社員なのか。派遣なのか。

 

★可能性1:FIFAの職員

FIFAの職員である可能性もあるけど、FIFAに身を置きながら「俺サッカー興味ないから。ワールドカップの決勝とか全然見たくないから」なんて言う職員は超絶レア人材だと思われるので、きっとFIFA職員の間で夜勤よりも地獄のシフトとして有名なはずでしょう。

 

★可能性2:民間警備会社の社員

これは可能性高いですね。普通に警備を委託している可能性。でも、それにしては格好がラフすぎるような…もっとA●SOK みたいな重装備だとわかるのですが、警備会社感はあまりないですね。

 

★可能性3:ボランティア

これは可能性は低いんじゃないかと思います。だって、観客席を見ながらも、ピッチのかなり近いところまで降り立つことが許されるのですから。「サッカー?僕は奉仕することにしか興味が無いんです」みたいなテンションで応募しながら、絶対警備服の下にゴリゴリのトッテナムTシャツ着てるからね。

 

★可能性4:クソ暇な人

我々の想像を超えるほどクソ暇な人。 

 

★可能性5:クソ性格が悪い人

我々の想像を超えるほどクソ性格が悪い人。ゴールを決められた国の美女サポーターが流す涙が大好物のヤバい人。

 

★可能性6:外出許可の出た服役囚

いやね、こういう言い方は大変失礼なのですが、もはや懲罰の類なんじゃないかと思えてきました。いや、だって4年に1度の世界的イベントの一番盛り上がる試合だよ?調べたら約13万7500円だよ?チケット代。そんな神試合が自分の後ろで繰り広げられているのに目を向けられないなんてもはや懲罰以外の何物でもないと思う…

 

 

②時給はいくらなのか。

仮にアルバイトの場合、時給いくらくらいなんでしょうか。東京都の最低賃金が時給958円だから、せめて時給1000円はあげて欲しい。ただし、試合時間が90分~最大120分+PK戦なので、意外と割に合わない塾講師バイトみたいな位置づけで有名そう。

 

 

③親に報告しているのか。

もうね、純粋に報告しているかどうかだけでも教えて欲しい。だって親もどういう気持ちで息子・娘がピッチの上に立っている様子を見守ればいいかわからないもん。特にフランスかクロアチアの親父だったら応援しきれないもん。

 

フランス親父「おおおおお行けえええエムバペエエエエエエエ!!!!!!あ、今息子映ったわ。行けええええええエムバペエエエエエエエ!!!!!」みたいになるもん。19歳の神童がドリブルしている間も息子の後ろ姿よぎるもん。複雑すぎるでしょう。

 

 

④こんなに人数必要なのか。

 

f:id:murakenekarum:20180717235903j:plain

 

いや、多すぎるだろ。

この画面だけでも17人いるよ。

神聖な決勝の舞台にネズミ一匹通さない構えであることは伝わったよ。

これなら一人も侵入できないよ。

 

 

⑤なぜ観客の乱入を止められなかったのか。

 

www.yomiuri.co.jp

 

侵入許しちゃったよ。

ネズミ1匹どころか人間4人通しちゃったよ。

 

  

⑥もっと他に見張るべきシーンがあったのではないか。

 

f:id:murakenekarum:20180718000444j:plain

 

いや、もうプロレスだろこれ。

何なの?FIFA固め?

観客より遥かに見張るべきポイントが確実にあったよ。

 

 

 

 

…前提として、すべての仕事は尊いものだと思っている。

でも、僕はもう現代サッカーを取り巻く環境がわからなくなってきたんだよ。

 

 

 

 

 

とりあえず、ワールドカップの決勝という大舞台で観客の見張りをする人たちも、お疲れ様でした。

ゆっくり休んでください。