こんな風にひどく蒸し暑い話

一人飯のおかずになるブログ「こんな風にひどく蒸し暑い話」を毎日更新。2週間で10万PVを突破したかった。「ミスチルを聴けば大体の病は治る」「どうせ死ぬならとち狂え」が持論。友達が少ない。ドM界の貴公子というドブみたいな自己PRで人材系会社に営業として就職後、転職サイトの運営会社へ。全日本ノーフレンド協会理事長。

【提案】仕事でメールも電話も使うのやめませんか。

 f:id:murakenekarum:20180521232442p:plain

 

こんばんは。

今日のテーマは「仕事上でのコミュニケーションツールについてです。

 

結論、仕事でメールを使うのも、電話を使うのもやめてLINEのような気軽なチャットツールを使いませんか?という提案です。

 

主張をざっくりまとめると…

 

①いらないメールが多すぎる。

②いつの間にか「仕事をしたつもり」に。

③電話は基本的に出たくない。

 

の3本立てです。では、スタート。

 

 

①いらないメールが多すぎる。

 

これ、一度でも思ったことありませんか?

え?このブログがいらない?ハハ、ご冗談を。(真顔)

 

それはともかく、そう、「いらないメール」が多すぎると思うんですよ。

 

僕の仕事はカスタマサポートではないのですが、社内では割といろいろな方の間に立つ職種でもあるので、大体1日60通~多い時で120通のメールが届きます。

 

え、意外と少ない?

いや、考えてみてください。僕、今月やっと2年目に入った、いわば平社員ですよ?

それなのに1日60通も、120通もメールが来るということは、僕の上司や、上司の上司は一体どれほどのメールが届くんですか…

 

もちろん、全部が全部僕宛のものではありません。

僕宛のもの、CCに入っているもの、全社宛のもの、事業部で起きたクレーム共有、システム情報…などなど、その種類は様々です。

 

正直、前職時代は顧客とのやり取りを除いても1日10通来れば多い方だったので、世間のサラリーマンは毎日メール処理と向き合っていたのか…と思いましたね。

 

で、当然ながらメインの仕事は違うわけなのですが、3~4分に1回メールが届くストレスはなかなかです。

僕個人としては、15秒以内に返信できる(と思われる)メールはすべて即レスする習慣を付けていますが、自動振り分け機能を使ったり、受信箱=未着手のタスクリスト化にすることでかなり数を減らしても、日中メールが鳴り止むことはありません。

 

例えば1通あたりのメールに対する平均対応時間が30秒だとします。その場合、1日60通×30秒=30分/日となります。これが1日120通×30秒の場合、60分/日となります。

1日1時間もメール対応に消費していると考えると、すごくバカバカしくないですか…?

 

しかも、1日に来るメールの9割は、本質的に何も生み出していないと思うんです。打ち合わせのスケジュール調整とか、提出物のアラートとか、クレーム共有とか…

 

前提として、わざわざ全社にメールしなくても、全部Web掲示板で知らせれば良いのでは?掲示板を見ないのであれば、見たくなる工夫や見ないといけない仕組みを作れば良いのでは…?と思うわけです。

 

要は、本当に大切な情報と向き合うために刈らないといけない草が多すぎるような気がします。で、メール処理に時間を費やしたり、人によっては過去のメールを探すのに10分かけていたり…完全なロスですよね。

 

 

②いつの間にか「仕事をしたつもり」に。

 

これが一番危険だと思っています。僕が2000字くらい書いて勢いで投稿するブログと同じですね。←

 

①で記載したとおり、日によっては、あるいは物によってはかなりの貴重な時間を取られてしまうメール対応。

 

 

僕自身もかつて、多くのメール対応を終わらせて悦に浸っていた時期がありました。

取材が3件続く1日だったのですが、その間に溜まっていたメールの数、およそ45件。

 

取材の合間や移動中に返すものの、追いつかない。そしてまた別の取材中に未読メールが溜まり…のループでした。

 

そしてある時気付いたのです。

「あれ、メール返すのが仕事なんだっけ…?」

 

当時は、「いや、仕事っちゃ仕事だよなぁ…返さないと進まないし。」なんて思っていたのですが、今考えてみると、それは「仕事をしたつもり」になっていただけで、メールを返すのってあくまで手段の一つなんですよね。

 

いつの間にか「仕事をしたつもり」になっていた自分に嫌気がさしました。

 

 

③電話は基本的に出たくない。

 

これ、共感して下さる方がいることを切に願うのですが、僕本当に電話が嫌いなんです。

いや、プライベートの電話はむしろ好きなのですが(友だちがいないので掛ける相手もいないのですが)、仕事で電話する必要性を最近はどんどん感じなくなってきたのです。

 

 

我ながら本当にそう思います。

 

 

そう、これ実話なのですが、初めて時計台を見た時と同じ気持ちになりました。

 

昔のマナーだったのかもしれませんが、こちらからすると「じゃあ電話でええやん…」となりますし、そもそも本人が電話に出られる確率は45%だと思っています。

 

最悪なのは、唐突に電話してきて20分くらい拘束されるパターンです。20分あったら松屋牛めし大盛くらいなら食べて帰ってこれますからね。これは貴重。

 

 

 

ということで、やや愚痴っぽくなってしまいましたが、もう仕事で無駄なメールを飛ばしたり、電話レイプしたりするのはやめませんかー?というお話でした。