こんな風にひどく蒸し暑い話

一人飯のおかずになるブログ「こんな風にひどく蒸し暑い話」を毎日更新。2週間で10万PVを突破したかった。「ミスチルを聴けば大体の病は治る」「どうせ死ぬならとち狂え」が持論。友達が少ない。ドM界の貴公子というドブみたいな自己PRで人材系会社に営業として就職後、転職サイトの運営会社へ。全日本ノーフレンド協会理事長。

10年ぶりに野球を生観戦したら野球以外のところで驚きまくった件~本編~

こんばんは。

早速昨日の続きを。

 

www.murakenblog.com

 

ということで、10年ぶりにプロ野球を生観戦して驚いた点を羅列します。

 

 

驚いた点①チケットが安い 

 

これは驚きましたね。

ランチボックスシート的な、5人掛けの席だったのですが、机と椅子も置いてありまるでちょっとしたキャンプ。それでいて、お値段は3100円。

10年前にいくらで入場したかは覚えていないのですが、意外とこれくらいで入れるのか!と感じました。

※ちなみにミスチルのライブは大体8500円くらいです。

 

 

驚いた点②ファールボールが怖い

 

これ、テレビの画面を見ている分には何も感じなかったのですが、実際にスタンド席に座ると、たまにファールボールが飛んでくるんですね。

だから、試合を楽しみながらも、「もしここにファールボールが飛んできたらどうしよう…グローブも何も持ってきていない…ヤバい…!」と、ガ●ツスーツを家に忘れたまま転送されてしまった玄野くんの気持ちがよくわかりました。

幸いにもボールが来ることはありませんでしたが、3塁側だったので、何となく左打者の時はちょっとだけ怖かったです。笑

 

 

驚いた点③細かい演出装置が充実している

 

これは全スタジアム共通というわけではないのかもしれませんが、少なくともZOZOマリンスタジアムは、様々な場所にスクリーンや照明があり、試合を盛り上げる仕組みが整っていました。詳細は驚いた点⑤以降で。

 

 

驚いた点④ビールの売り子がかわいい

 

これはある程度予想していたのですが、正直そこらのアイドルより全然かわい(ry

 

ビールの売り子は確実に地位を上げていて、今や芸能界に入るための一つの入口となっていると思います。あとは、純粋に稼げるバイトとしても好評なのではないでしょうか。昔よりアイドルになるためのハードルは下がっているのかもしれませんが、そこから生き残るハードルは上がっているような気がします。

 

 

驚いた点⑤攻撃回の交替時にものすごい茶番がある

 
これはよかったですね。
謎のマスコットキャラクターが、おそらく抽選か親のコネクションか何かで選ばれたであろう一般市民の子どもと一緒にかけっこをし、勝った子どもがプレゼントをもらうというもの。
 
と思ったら、マスコット君、スタートから5秒くらいで走るのをやめたじゃないですか。甲子園だったらまさに怒号が飛び交うレベルでしたよ。結果、子どもが出来レースを勝ち切り、この世界の縮図を見たような気持ちになりました。
いやーとても素敵な茶番催しでしたね!
 

f:id:murakenekarum:20180519220854p:plain

千葉ロッテマリーンズの公式キャラクター

 

 

驚いた点⑥選手の登場シーンがかっこいい
 
これ、結構盛り上がりました。
選手ごとにテーマソングが流れるのですね。僕が聴いた限りでは、ゆず、荻野目洋子、ファンキーモンキーベイビーズエレファントカシマシあたりが流れていたような気がします。
残念ながらMr.Childrenをテーマソングにしていた選手はいませんでしたが、もしGIFTをテーマソングにしたら、監督から「お前、最初から試合諦めているだろ!」とか言われそうですよね。
 
 
あと、一人ひとり打席が回ってくる度にスクリーンに映像が流れるのですが、全員「心臓を捧げよ!」ポーズをしていたのが印象的でした。
なるほど!確かにロッテとはいえ、巨人と戦うこともあるかもしれないですからねぇ…(含み笑い)
 
 
驚いた点⑦リリーフカーが大暴れ
 
いやー驚きましたね。
あれは道路交通法的に大丈夫なのでしょうか。
よく、構内であればフォークリフト免許はいらないなどと言いますが、そういう類のものなのでしょうか。
ドーム球場内を高そうな車が走り回る姿は圧巻でした。
 
 
驚いた点⑧鈴木大地選手が大人気
 
これは素人目から見た話なのですが、鈴木選手の時だけ妙に応援が強くないですか?
そして応援歌も選手ごとに違っておもしろい!
全部の応援歌を覚えたら絶対に楽しめると思いました。
  
 
驚いた点⑨一番盛り上がったファンを賞賛する企画がある
 
これは一番新鮮で驚きました。
攻撃回が変わる時に、メインスクリーンにスタジアム内で応援しているファンの姿を映すのですが、さっきまで静かだった会場のロッテファンのみなさんが、急に立ち上がって取り憑かれたようにタオルを振り回すじゃありませんか。
 
やばい、ドラッグイベントに参加してしまったんじゃないか…そう思わせるには十分なほどの熱量とスピードでタオルを振り回し、カメラに猛アピールをするみなさん。
後々知ったのですが、一番良い応援をしたファンの方に、球団側からプレゼントを渡す企画なのですね。
で、今回も選ばれたのは小学生くらいの子どもでした。
 
あのですね、我々が見たいのは腕力のない小学生がかわいらしくタオルを振り回している光景ではなく、明らかに年齢も職業も不詳の大きなお友達がなりふり構わずタオルを引きちぎる光景なんですよ。
そのあたりをぜひ次回は見てみたいと思いました。
 
 
驚いた点⑩試合を覆しかねない判定の際にコナン君出現
 
これは「リクエスト」という制度らしいのですが、審判が下した判定に不満・疑問・憎悪等がある場合に使用できるビデオ判定制度的なものと思われます。で、そのビデオを再生する時のBGMが名探偵コナンの音楽なんですよ。
僕自身、まさか幕張で「米花町の死神代行」と呼ばれたコナン君を登場させるとは思いませんでしたね。幸いにも死傷者は出なかったようですが、おそらく毎試合海浜幕張駅のポリスメン御一行は残業がデフォルトになっていることでしょう。
 
 
驚いた点⑪試合中に修学旅行生を晒し上げる
 
これは驚きましたね。
試合中、唐突に「ここで本日の修学旅行生のみなさんをご紹介します!!」みたいなアナウンスが流れたんですよ。
で、突然客席にいる修学旅行生の集団(中学生?)が映ったのですが、見たところ誰一人として状況を掴めていませんでしたね。
 
いや、そもそも修学旅行で野球観戦て!千葉だとしても、もっと鴨川シーワールドとかいろいろあるだろう!w
明らかに引率の先生たちが見たいだけだろうw
下手したらバファローズ方面の学校の可能性もあって余計に陰謀論が加速しましたね。
少しでも楽しんでくれていたら良いなぁ…なんて思いながらその様子を眺めていました。
 
 
驚いた点⑫キャッチャーが里崎選手じゃなかった
 
これは一番の衝撃でしたね。
僕の中でロッテ=里崎選手というイメージだったのですが、結局試合が終わるまでその名前が呼ばれることはありませんでした。
彼は今どこで何をしているのでしょうか…またグラウンドで彼の姿を見られるのを切に願っております。

 

 

ということで、本日はこれにて解散!

いろいろ書いておりますが、なんだかんだでめちゃくちゃ楽しかったです!!

 

また行けるといいな。