こんな風にひどく蒸し暑い話

一人飯のおかずになるブログ「こんな風にひどく蒸し暑い話」を毎日更新。2週間で10万PVを突破したかった。「ミスチルを聴けば大体の病は治る」「どうせ死ぬならとち狂え」が持論。友達が少ない。ドM界の貴公子というドブみたいな自己PRで人材系会社に営業として就職後、転職サイトの運営会社へ。全日本ノーフレンド協会理事長。

送別会の夜(制作編)

こんばんは。

今日は制作部の送別会に参加させて頂きました。(というか混ぜてもらいました)

 仲良くしてもらった制作スタッフが2名退職するのは残念ですが、それぞれが目指す道に向かって新たなスタートを切るタイミングが僕と一緒だったのは、初めての転職を控える僕からすればとても心強い気持ちでした。

結局、会自体は2~3時間で終わったのですが、なぜか最後に4月末退職の僕まで挨拶をさせて頂く時間を設けて頂きました。

主役感0のスタンスを丸出しでお礼を述べさせて頂きましたが、制作・スタッフの皆さんには本当に感謝しています。

そして僕を含む3名の挨拶が終わった後には、制作部のマネージャーが激励の言葉を下さりました。特に印象深かったのは、「いろんな思いがあるけれど、何だかんだで今は応援したいと思っている。ただ、残る側としては、辞めたことを後悔するぐらい良い会社にしたいと思っているし、去る側は、本当に良い人材を逃したと思われるような今後を過ごしてほしい。」というニュアンスの言葉です。(もっと深い言い方でしたが)

これって、とても健全な考え方だと思うんです。環境や立場は違えど、お互い悔いのないように、今後の人生・そして自分が属する円周を豊かにしていこうと。そんな力強くも温かいメッセージを受け取ったような気がしました。

残り4日。ついに片手で数えられる程の日数となりましたが、今後自分が活躍している姿を必ず見せなければならないと、そう強く感じた一夜でした。